Welcome, guest | Sign In | My Account | Store | Cart

Notice! PyPM is being replaced with the ActiveState Platform, which enhances PyPM’s build and deploy capabilities. Create your free Platform account to download ActivePython or customize Python with the packages you require and get automatic updates.

Download
ActivePython
INSTALL>
pypm install gaeinit

How to install gaeinit

  1. Download and install ActivePython
  2. Open Command Prompt
  3. Type pypm install gaeinit
 Python 2.7Python 3.2Python 3.3
Windows (32-bit)
1.0
1.2 Failed View build log
1.1 Failed View build log
1.0 Available View build log
Windows (64-bit)
1.0
1.2 Failed View build log
1.1 Failed View build log
1.0 Available View build log
Mac OS X (10.5+)
1.0
1.2 Failed View build log
1.1 Failed View build log
1.0 Available View build log
Linux (32-bit)
1.0
1.2 Failed View build log
1.1 Failed View build log
1.0 Available View build log
Linux (64-bit)
1.0
1.2 Failed View build log
1.1 Failed View build log
1.0 Available View build log
 
Author
License
GPL
Imports
Lastest release
version 1.2 on Jul 27th, 2011

# GAEinitについて * このスクリプトは、`Google App Engine`でアプリケーションを作成する時に便利な初期化機能を提供します。 * iniファイルにGAEプロジェクトの設定を書き、そのiniファイルをセット、コンパイルという作業だけで、 * あなたが作りたいGAEプロジェクトのファイルやディレクトリを構成し、pythonファイルにインポートしておきたいモジュールなども設定できます。 * また、このスクリプトはコマンドラインインターフェイスでのGAEプロジェクト開発を支援します。

# 使い方 手順は3回。 1、設定ファイルを作ります。 <pre> $ gaeinit -ct</pre> このようにタイプしてください。 そうすると`template-config.ini`というiniファイルが作成されているのでそのファイルを開いてください。 <pre> [application settings] appname = ; application name version = ; number of version mainscript = ; filename of main script

[file settings] encoding = ; file encoding directories = ; directories that you want to create

[module import] modules = ; modules that you want to import.

[database] dbname = ; database name that you want to create. </pre> そして、セミコロンでコメントアウトしている説明の通りに設定ファイルを変更してください。 ついでに、template-config.iniというファイル名も`config.ini`と変えましょう。

2、この設定ファイルをGAEinitにセットします。 <pre> $ ./gaeinit -s config.ini </pre> こうタイプすればOKです。

3、設定ファイルをコンパイルします。 <pre> $ ./gaeinit -c </pre> これであなたのGAEプロジェクトの初期化は完成です。 config.iniファイルで設定したappnameと同じ名前のディレクトリが出来ているので、そこがGAEプロジェクトのディレクトリになります。

# 例 では、以下のようなiniファイルではどのように初期化されるのでしょうか。 <pre> [application settings] appname = testproject version = 1 mainscript = wsgi.py

[file settings] encoding = UTF-8 directories = utils, api,html, css

[modules import] modules = os, commands

[database] dbname = sampledb, testdb </pre>

このiniファイルを <pre> $ ./gaeinit -s test-config.ini </pre> <pre> $ ./gaeinit -c </pre> として、`testproject`ディレクトリに移動してみます。 そうすると... <pre> ./testproject api/ utils/ html/ index.html css/ style.css main.py datastore.py app.yaml index.yaml </pre> このようなファイル、ディレクトリが作成されています。 あとは使ってみてのお楽しみということで。 他にもいろいろなオプションがあるので、`-h`オプションでヘルプをみてください。

# Change log ver1.1 : add deploy command ver1.2 : add database support

Subscribe to package updates

Last updated Jul 27th, 2011

Download Stats

Last month:1

What does the lock icon mean?

Builds marked with a lock icon are only available via PyPM to users with a current ActivePython Business Edition subscription.

Need custom builds or support?

ActivePython Enterprise Edition guarantees priority access to technical support, indemnification, expert consulting and quality-assured language builds.

Plan on re-distributing ActivePython?

Get re-distribution rights and eliminate legal risks with ActivePython OEM Edition.